2月2013

♪Central Park Promenade ~ セントラルパーク・プロムナード

コラム & 活動報告

 先日テレビでニューヨークのシンボル、グランドセントラル駅の100歳の記念式典(誕生会?)の様子を見ました。何でも東京駅と同い年だそうで、時代を感じさせる風格のある駅舎が今も私達の日常を繋いでくれている…“駅”が特別な場所に思えてくるニュースでした。

 先日に続き もう一曲の連弾ピースのご紹介です。
シーン的には前回のコラムの続編で…まるで五番街放浪記?
グランドセントラル駅見物は次回の放浪ルートにします、機会があれば。

<Central Park Promenade〜セントラルパーク・プロムナード>
  〜セントラルパークから見上げたニューヨークの空〜

 フリックコレクションを出て、向かいのセントラルパークでお花見。
広い、いえ、広すぎる公園が見渡す限りの桜色に!その美しい桜色のグラデーションの下から空を見上げると、青空、そして視界フレームには摩天楼。
桜の下でそれぞれの春の日を楽しむ人々。カラオケも焼き肉も存在しない散歩道。
ニューヨーカー気分で一人ウキウキ歩いているうちにすっかり迷い「ここまでかっ!」と汗した事も今では懐かしい思い出です。

 曲の最初の部分は、会話のキャッチボールをしている様にプリモ、セコンドとメロディが行き交います。アップビートに乗って、ハッピーな気分を一緒にシェアしてもらえたら嬉しいです。
 MTNAで出会った沢山の音楽を愛する先生や音楽業界の方々との交流も、この曲を書く時の大切な要素となりました。

 そして無事セントラルパークを脱出し、次なる美術館へ向かう私の放浪記はソロ曲集になる予定でございます。

♪Dance in the City ~ 都会のダンス

コラム & 活動報告

 2月、札幌は雪まつりシーズンを迎えています。
確か昨年は札幌出身の世界的アイドル“初音ミク”協賛イベントを見に(参加しに?)
大勢の観光客が訪れたらしい雪まつり。今年はどんな雪像が見られるでしょう。
寒さの中作業をしている皆さん、後少し、完成目指して頑張って下さい!

今回は昨年末に出版された連弾ピースのご案内です。
Piano Duet

<♪Dance in the City〜都会のダンス>
   〜モンマルトル、パティオで踊るスローワルツ〜

 同題のルノワールの絵が表紙になっていますが、この絵は昔パリで見てからずっと
「いつか必ず、もう一度会いに行こう」と思っていた作品です。
あれから幾歳月が過ぎ…昨春のMTNA in N.Yの期間中、フリックコレクションの特別展示室で思いがけず再会を果たす事ができました!まさかニューヨークで会えるとは。
この特別展示ではオルセー美術館から「都会のダンス」「田舎のダンス」のセット、
そしてボストン美術館から「ブージヴァルのダンス」と華やかで優雅なルノワールの
3枚の作品を並べて観るという夢の様な時を過ごすことができました。

 この絵から静かに流れるメロディを書き取った…つもりの小品です。

 楽譜最後のページには編集チームからの素敵なプレゼントが載っていました。
皆さんにも音楽プラスで作品全体を楽しんで頂けると思います。
 
 次回はもう一冊の連弾ピースをご紹介します♪